ブログ

事例268(屋根裏のきのこ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は現場4件。
 
 ブログ発行がこんな時間になりました。
 
 金曜の夜なのに・・・・
 (明日も仕事ですから関係ないですね)

 
 
■(1)今回の事例__________________
  「屋根裏のきのこ」
 ________________________
 
 268

 
 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 白い部分は屋根裏にできた「きのこ」。
 
 屋根裏の換気が悪いため、
 雨漏りが原因で発生した。

 
 ◆内容説明
 
 きのこ・・・菌類の作る大きな子実体
 
 
 屋根裏部分、通気の計画はあるが
 断熱材でふさがれていた。
 
 そのために密閉状態に。
 
 そこへ屋根から雨漏りしたため
 きのこが生えた。
 
 高断熱、高気密住宅は
 雨漏りに気が付かないケースがある。
 
 
 
 ◆対策
 
 雨漏り対策はもちろんですが、
 小屋裏換気が必要な場合は、
 換気口を断熱材などで塞がないこと。
 
 定期点検することも必要です。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 広告やカタログの嘘。
 
 今週検査した物件。
 図面に「耐震等級3」と表示がしてあった。
 
 耐震等級とは品確法の建物の性能表示項目の一つ
 
 簡単に説明をすると、最高ランクの等級3は、
 建築基準法の耐震性能の1.5倍の性能を有するもの。
 
 
 設計時に計画をして
 性能表示の認定を受けることが基本ですが
 
 手間や費用がかかるため、
 認定を受けず、任意で表示することもある。
 
 
 認定を受けないと地震保険の割引は
 もちろんなし。
 
 
 今回は任意のケースであるが
 これについて、根拠を全く示していない。
 
 
 勝手に書くだけなら誰でもできる。
 
 
 
 耐震性にかかわることで
 
 耐震等級計算をおこない、
 間違いないことを確認したあとに
 表示すべきである。
 
 
 
 
 ◆このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
  登録はこちらから
  →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 ◆住宅業界の内情を広く知っていただくため
  人気ブログランキングに参加しています。
  ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影