ブログ

事例267(アンカーボルト入忘れ)

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 周りの影響を受け
 ツイッター登録しました。
 
 まだ、使い方のマニュアルを読んでいる段階、
 
 使って慣れるしかないですね。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「アンカーボルト入忘れ」
 ________________________
 
 267
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 アンカーボルト入忘れ。
 図面は間違っていなく、施工ミス。
 
 躯体と基礎の緊結ができない。

 
 ◆内容説明
 
 アンカーボルトは基礎と躯体を緊結する
 構造的に非常に重要な部材。
 
 「なし」のままでは問題が大きい。
 
 
 
 この状況になると
 通常、是正はケミカルアンカー
 (接着系アンカー)に頼るしかない。
 
 
 この施工がいい加減な場合
 接着力が不十分になるため
 
 専門職による
 確実な施工が必要です。
 
 
 
 ◆対策
 
 まずは図面が間違っていたらダメなので
 図面をチェックし
 
 現場では、あと入れの「田植え」を
 やめさせて、事前に本数、位置を検査をする。
 
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 名古屋の大手分譲住宅会社。
 
 
 先月検査した現場は
 今年一番と言っていいほど、ほぼ「完璧」。
 
 担当者の対応も良かった。
 
 
 すごくいいイメージをもった矢先、
 同じ会社の物件の検査依頼が来た。
 
 
 しかし、当社が見ることを今回の営業が拒否。
 
 
 
 この営業担当、
 何で現場の公開を拒むんでしょうか。
 
 
 それは会社や自分のためでしょう。
 
 
 お客さんにとっては一生に一回の大きな買い物
 
 情報閉鎖することを
 おかしいと思わないんでしょうか。
 
 
 たぶん、
 売れれば何でもいいんですね。
 
 
 
 だから不動産業界はいつまでたっても
 
  怪しいと思われるんですね。
 
 
 
 人気ブログランキング
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影