ブログ

事例168(柱の上部固定なし)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は涼しいですが
 夏を感じる日が増えました。
 
 床下、屋根裏・・など
 
 夏は辛いです。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「柱の上部 固定なし」
 ________________________
 
 168
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 2階天井裏で見た柱上端部。
 梁がなく固定ができていない。
 柱端部は緊結しなければならない。

 
 ◆内容説明
 
 柱の端部は通常、
 梁、土台と接合し緊結される。
 
 今回は古い建物でよく見る
 あとから取り付ける和室の
 「床柱」上部のように
 緊結がされていない。
 
 構造躯体図を作成するときに
 間違えたのが原因でしょう。
 
 洋間の壁を構成している柱で
 きちんと固定しなければダメです。
 
 
 ◆対策
 
 よくある事例ではありませんが
 ちょっとした勘違いで起きる可能性があります。
 
 正確な図面作成
 多重チェックでミスは防げます。

===========================

■(2)編集後記

 
 今週は移動が多く、
 水曜日は岡崎→豊橋→半田(約200KM)と
 現場を回りました。
 
 現場の場所によりましては電車で移動することも
 あります。
 
 電車移動のメリットは何か他ごとができる。
 
 今回も岡崎~豊橋間は岡崎駅に車を置いて
 JR東海道本線で移動しました。
 
 住宅はある程度利便性を考えて
 土地を買う人が多いので
 電車で行ける現場も多いです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る