ブログ

事例169(筋かい未固定)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 インフルエンザの影響でマスクが売切れのようです。
 
 私は仕事でほこりだらけの床下に入るので
 60枚くらい入った箱入りのマスクを買います。
 
 まだ、在庫ありますが次回は入手困難かもしれません。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「筋交いの未固定」
 ________________________
 
 169

  
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 筋交い未固定。
 これでは何の役にもたたない。
 
 
 ◆内容説明
 
 筋交いの端部が柱からはなれ
 釘などで留めてもいない。
 
 
 筋交いの役割は知っている人が多いと思います。
 
 地震や風に耐えるための部材ですね。
 
 金物などできちんと留めなければ
 あっても意味はありません。
 
 大工さんは
 よほど慌てて仕事したのでしょうか?
 
 
 ◆対策
 
 今回の事例は
 宝くじの1等に当たるより確率的には希少でしょう。
 
 ただ、人間にミスはつきもの
 きちんと検査すれば見落とすことはない事例です。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 中国・四川の大地震から1年。
 5月11日、日経夕刊の記事に目がとまりました。
 
 「欠陥工事 遺族の追求続く」
 
 多くの命を奪ったのは
 欠陥が原因で倒壊した小学校など。
 
 しかし、国は揺れの大きさが原因であると言い切る。
 
 
 日本でも
 
  住宅の耐震改修が進んでいない(将来不安でますます進まないでしょう)
  内在型(表に出ない)欠陥住宅は相当数ある。
  
 このような状況で今、都市部で大地震が起きたら
      
      
   多くの家屋が倒壊
      ↓
   避難所生活
      ↓
   新型インフルエンザが大流行
  
  
 大混乱が起きそうです。
 
 
 大地震が来て、避難所生活にならないために
 家の安全チェックは大切です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る