ブログ

事例170(小屋通気ふさぎ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 

 水曜日、東京へ行くとき
 マスクをするかどうか迷いました。
 
 関東で女子高生初感染のニュースの前日でしたし
 マスクも売り切れのせいか
 
 新宿駅でもマスクをしている人の確率は
 10~20%程度でした。
 
 私は今でもあまり気にしていません。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「小屋裏通気経路 ふさぎ」
 ________________________
 
 170

 
 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 屋根裏(小屋裏)の写真。
 屋根の頂上部で空気(青矢印)を抜く
 棟換気への通路が断熱材(赤丸)でふさがっている。
 
 これでは設計どうりの換気ができない。

 
 ◆内容説明
 
 部分的な1枚の写真ではわかりにくいですね。
 
 設計内容としては
  通称-棟換気というシステムです。
  
 屋根の熱で温まる屋根裏の空気を
 屋根の頂上部から抜く設計になっています。
 
 今回、通気の経路が小屋裏収納の天井部にあたり
 断熱材が入れられたために通気をふさいでしまった。
 
 
 
 ◆対策
 
  小屋裏収納を作る。
 
  効率のいい 棟換気にする。
 
 両者を別々に考えていると
 今回のような支障に気が付きません。
 
 当然やっている大工さんは気が付きそうですが
 そのまま進めてしまうケースも多いでしょう。
 
 現場をよく見るなどチェックが必要です。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影