ブログ

事例140(コールドジョイント)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 書類に追われています。
 
 予定よりかなり遅れていて
 がんばって明日中には追いつく予定です。
 
 
■(1)今回の事例__________________

 ・「コールドジョイント」
 _________________________
 
 140

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 赤矢印の先に沿ってラインが見えますか?
 これはコールドジョイントという
 コンクリートの不良継ぎ目です。
 

 ◆内容説明
 
 基礎の立ち上がり部
 先に打設したコンクリートが乾燥し
 あとから打設したコンクリートと
 一体化されていない。
 
 原因は次の生コン車が来なく打設がストップした等
 考えられます。
 
 基礎の耐力、耐久性、水密性を低下させるため
 発生してしまったら補修が必要です。
 
 
 ◆対策
 
 コンクリートの搬入、打設計画が大事ですが
 打ち継ぎ部を乾燥させないことも必要。
 
 
============================

■(2)編集後記
 
 
 国民生活センターのような公的機関へ
 住宅トラブルの相談に行った方からの話。
 
 相談していて業者が大手ハウスメーカー
 だとわかると嘘を言っていると決め付けられ
 反対に怒られたそうです。
 
 
 私が先週、書類、現場を確認したところ
 嘘ではないことは明確。
 
 そんなに大手ハウスメーカーって信頼あるのでしょうか?
 
 
 
 今回のトラブルの発端は
 
  営業担当者がノルマ達成のために
  滅茶苦茶な契約をしたことから始まっています。
  
 滅茶苦茶な契約がまかり通ったのは
 
   この方が身体障害者だからです。
   
 弱者相手に詐欺まがいの契約をして
 あとから支店長も関与して書類を改ざんし
 無理やり印鑑を付かせる。
 
 改ざんで作られた書類は弁護士も関与し
 法的には完璧かもしれませんが
 人としての良心がこのメーカーの支店長はじめ
 社員になかったことが本当に信じられません。
 
 
 ここではこれ以上詳しく書けませんが、
 びっくりするような非常にひどい話がもっとありました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影