ブログ

事例141(基礎一体化不良)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日は暖かく
 
 中央自動車道 岐阜と愛知の県境「内津峠PA」で
 昼食を取った際、外で食べることができました。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「基礎一体化不良」
 ________________________
 
 141

  
 ◆写真解説  ↑クリックすると拡大します
 
 ベタ基礎立ち上がり下部全般に発生している
 ジャンカ(空隙)
 
 打ち継ぎ部の一体化ができていない現象です。

 ◆内容説明
 
 ベタ基礎は通常ベース部と立ち上がり部
 2回に分けてコンクリートを打設します。
 
 1回打ちに比べ寸法精度の確保などが
 しやすいですが打ち継ぎ部が出るため
 その部分の一体化が重要です。
 
 
 立ち上がり下部の下かどは
 
  ・締め固めがやりにくい
  ・型枠の隙間からセメントペーストが漏れる
  
 など今回のようなジャンカが起こりやすい。
 
 
 先回の事例同様、打ち継ぎ不良で
 耐力、耐久性低下の影響が懸念される。
 
 
 ◆対策
 
 この部分の十分な締め固め
 
 型枠の隙間ができないように
 ベースコンクリートの凸凹をなくすことなど。
 
 あとは、しっかりコンクリートが一体化するように
 打ち継ぎ部の清掃、打設前の散水も重要。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影