ブログ

事例142(基礎打ち継ぎ部の汚れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日、基礎でストップしている現場を見ました。
 
 理由は業者の倒産。
 
 依頼した会社が倒産すると
 施主はいろいろな面で不利益をこうむります。
 
 業者の見極めはこのような事でも重要です。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「基礎打ち継ぎ面の汚れ」
 ________________________
 
 142

 
 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 基礎立ち上がり打ち継ぎ面の汚れ。
 コンクリートの小さな破片が多く散乱し
 コンクリートの一体化を妨げる。

 ◆内容説明
 
 写真の例は鉄筋の位置が悪かったため
 多少曲げて修正した際に、
 コンクリートの破片が出てしまった。
 
 この面はこれから2回目のコンクリートが
 流し込まれる面であり、汚れていれば
 一体化を妨げる。
 
 
 コンクリートの表面は一体化を妨げる
 レイタンス
 (コンクリートの打込み後に内部の微細な
 粒子が浮上しコンクリート表面に形成する
 ぜい弱な物質の層)が発生しやすく
 
 清掃してから型枠を組むことが基本です。

 
 ◆対策
 
 職人さんの教育。
 打設前のチェックが必要です。
 
 
 
===========================

■(2)編集後記
 
 
 大手の会社は安心でしょうか?
 
 
 ・・・いいえそうでもありません。
 
 現場の品質という問題より
 契約、見積もりなどのトラブルを多く耳にします。
 
 
 会社が大きければ社員も多い。
 
 営業などは販売委託というかたち 
 いわゆる「外注」で社員でないこともある。
 
 当然ですが人によってのばらつきがあります。
 
 
 ノルマに追われ無茶な契約、金銭要求が
 現実多いです。
 
 
 先日直接面会して聞いた
 
 「大手だから契約などに対し無防備でした」
 
 という被害者の言葉が頭に残ります。
 
 
 多くの人は家は一生に一度しか建て(買わ)ないし
 金額が高額なため
 次に気をつければいい
 というものではありません。
 
 
 
 これに関連する訳ではないですが
 3月7日(土)横浜市中区でセミナーを行います。
 
 私が話す内容は1時間程度で
 
   内容は 「業者の見極め方」・・偽りを見抜く
 
 日常の業務からの統計を取って
 業者を見極め、嘘を見抜くコツをまとめたものを披露します。
 
 セミナーに参加すれば
 すぐに使える「相手を見極める10の質問」などを
 知ることができます。
 
 
 セミナー時間は 13時30分~16時 私はこの中の1時間
 
 会場は 横浜技能文化会館 http://gibun.jp/gibun/index.html
 
 参加費 1人 500円(資料、飲み物代)
     詳細は主催者の案内ができましたらご案内します。
 
 主催者は横浜の住宅検査セイソク
 代表の 進藤氏の講演も1時間あります。
 知っているようで知らない基本的な住宅購入時の知識などの
 話が聞けます。
 
 
 セミナーに参加しても売り込みなどは一切ありません。
 私のブログ(このメルマガのバックナンバー)
 も毎日多くの方に見ていただき関東方面の方と
 直接交流できる機会になるかなと思っています。
  
 セミナー終了後フリーディスカッションできる時間(15時30分~16時)
 も設けています。
  
 定員28名
 
 現在予約は当社まで→ info@ie-kensa.com

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影