ブログ

事例220(けた行き筋交い未固定)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 明日から3連休ですね。
 私は、この連休もゆっくり出来そうにありません。
 
 
■(1)今回の事例__________________

 ・「けた行き筋交い未固定」
 _________________________
 
 220
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 屋根裏に付く構造上主要な部材
 「けた行き筋交い」の釘打ちによる固定忘れ。
 これでは付けた意味がない。
 
 
 ◆内容説明
 
 屋根部分の筋交いがこの部材で
 「雲筋交い」と言うこともあります。
 
 全くこの部材が付いていない現場は
 最近見ませんが、釘の打ち忘れはよくあります。
 
 数が多いので忘れやすいのかもしれません。
 
 
 N50の釘を2本打ちするのが正しい施工。
 
 
 ◆対策
 
 躯体検査時に小屋部分の金物を全数検査する。
 
 2階床からでも結構見えます。
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 今週、気になったニュース
 
 「ローン破綻急増 
  愛知競売数 前年同月比 9月5.6倍」
  
 愛知県は製造業が多く
 不況の影響が大きい県の一つです。
 
 ボーナス、給料減による理由が一番だと思いますが
 負担の大きいローンを組んでしまう原因も
 かなりあるでしょう。
 
 せっかく買ったマイホームが原因で
 破綻していては、夢が悪夢になってしまいます。
 
 
 家を大金を使って買い
 それが競売になり、業者が落札しまた転売される。
 
 自分は破綻するか、負債が残り
 誰かは確実に儲かるしくみ。
 
 生きていく上で「大損」しないため
 お金の知識を習得することも大事です。
 
 
 ローン支払いが危なくなったとき
 すぐに専門家に相談すれば
 最悪の事態を回避できる可能性は高いです。
 
 自分でわからない場合は
 やはり専門家を頼りましょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る