ブログ

事例226(防水テープ施工不良)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は雨で2つ予定がずれたので
 昼間、少し事務所にいました。
 
 あと2日ほどスケジュールがきついです。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「防水テープ施工不良」
 ________________________

 226
 

 

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 窓まわりの防水テープ(両面)。
 施工してあるが上の防水紙を押さえていない。
 これでは隙間があり雨が入る。
 
 
 ◆内容説明
 
 「ただ付いていれば施工はどうであれOK」
 
 あるよその検査員から聞いた言葉を思い出しました。
 
 
 防水テープの役割を
 
 職人さんが理解していないのでしょう。
 
 きっちり防水するためと考えて施工したら
 写真のようにはならないでしょう。
 
 あとから自然にくっつくものではなく
 この段階できちんと密着させないとダメです。
 
 
 ◆対策
 
 防水下地の検査を行いましょう。
 
 
 瑕疵保険があると安心していませんか?
 
 施工ミスを重過失と判断された場合
 保険が下りません。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 まもなく、この検査業務を始めて
 10年目に突入します。

 この間、
  姉歯マンション偽装事件があったり
  住宅瑕疵担保履行法開始、
  建築基準法や建築士法改正もありました。
 
 業界はもちろん
 私も常に変化してきましたが
 
 たぶん変わらないのが
 
  「欠陥住宅の数」
  
 私、今年は
 昨年の2倍はかかわっています。
  
 
 家の品質自体は確実に10年前より
 よくなっていると断言できますし、
 
 住宅着工数は減少。
 
 ・・なのになぜ減らないか?
 
 
 
 それは過去に
 
  ・あえて問題とならない又は思わなかったこと
  ・知らずに通っていたこと
  
 などが今、
 問題になるからでしょう。
 
 
 供給する側がこれまでのやり方のままでは
 いつ大きな問題に直面するかわかりません。
 
 品質を瑕疵保証検査などだけに頼っているだけでは
 対策として十分ではありません
 
 というかぜんぜんダメです。
 
 
 今、検査などで私がかかわっている現場
 
 完璧に近い現場もあれば
 全くダメな現場  もあります。
 
 完璧な現場、業者さんは
 きちんと品質やトラブル防止の要所を
 押さえています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影