ブログ

事例157(HDナットの緩み)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 2月の新設住宅着工は24.9%減
 3月新車販売(軽自動車除く)は前年比31.5%減
 
 底を打つのはいつでしょうか?
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「ホールダウンの緩み」
 ________________________
 
 157

  
 ◆写真解説  ↑クリックすると拡大します
 
 大地震時に柱が抜けないよう端部を
 緊結するホールダウン金物。
 写真は1階柱頭部。
 締め忘れなのか緩んでいる。
 

 ◆内容説明
 
 地震力に対し木造住宅で
   壁のバランスがいい、
   壁量が十分だ     と言っても
 
 柱が抜けては意味がありません。
 
 平成12年の告示でホールダウン金物などを
 引き抜き力などに応じてつけることになりました。
 
 現在、木造住宅では多くの金物類が使われ
 組み立て時には複数の大工さんが作業します。
 そのため、釘、ナットの締め忘れは
 起きやすい状況にあります。
 
 
 今回はナットの緩みですが
   金物の種類間違い
   未施工        も多いです。
 
 
 ◆対策
 
 ナットの緩み等は
 気にして見ないと目に入りません。
 
 よく目に付く場所でナットが緩んでいて
 それを大工さんへ伝えると
 「本当だ、気が付かなかった」ということは
 よくあります。
 
 あとから見えなくなる部分だけに
 工事中のチェックが必要です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る