ブログ

事例151(瓦の割れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 金曜日って
 何か雨が多いような気がしますね。
 
 検査へ出かける前にメルマガ書いています。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「屋根瓦の割れ」
 ________________________
 
 151

 
 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 屋根瓦の割れ。工事途中で割れたもの。
 あとから見えない場所だと気が付かないこともある。

 ◆内容説明
 
 外装工事が終わり足場を解体する前の状況。
 
 この段階の検査で外部を点検すると
 屋根の上にゴミが落ちてたり
 このような材料の破損を
 発見することがあります。
 
 足場がなくなると
 外部は見える範囲が限られます。
 
 外部で仕事する人が伝えるか
 足場屋さんが伝えないとそのままになる
 恐れがあります。
 
 
 ◆対策
 
 足場上は高所であり業者さんへ任せた方が安全です。
 足場解体直前、外装チェックの実施を求めましょう。
 
 外壁の傷、シーリング不備、金物ビス留め忘れなど
 
 発見することがあります。
 
 
 
  
===========================

■(2)編集後記
 
 
 自民党は12日、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の
 長期固定ローン「フラット35」について、
 住宅購入時の頭金を不要にする制度改正案をまとめた。
 
 というニュース。
 
 将来不安の経済状態の今
 
 預金が十分あり
 金利の低い住宅ローンをたくさん借りて
 預金は別に使う場合は別として
 
 頭金がない=貯金があまりない人が
 今の経済状況で
 安易に家を買おうと思うのでしょうか?
 
 土地や家の価格、給料が年々上がれば
 今買っておこうと思うかもしれません。
 
 景気回復のために
 住宅業界が景気良くなって欲しいですが
 
 無理なローンを組ませて買わせる
 ことは避けて欲しいです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影