ブログ

欠陥住宅事例89(土の沈下)

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
  基礎下の空洞
 
  ~土が流れた!
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「基礎下、土の沈下」
  _______________________
 89

 写真解説:基礎下の土が下がった。
      杭があるため建物は沈下してない
  
 写真は一部分のためわかりにくいですが
 建っているのは造成地です。
 
 今回の原因は
 埋め戻しが十分でなく土が下がり、
 外側は雨で土が流れてしまった。
 
 目視で見えるため
 これを見たら、施主でなくても驚くでしょう。
 
 
 杭がなければ家の沈下は間違いなし。
 
 木造住宅の杭は基礎と緊結されてないですし
 空洞が大きくなると大地震時などに
 揺れの増幅など悪影響が出るでしょう。
 
 
 ◆対策
 
 基本的に土だけの盛り土は十分締まりません。
 
 
 建物が載る部分は地盤改良などで
 土を強制的に固めることが必要である。
 
 
 
=============================
■(2)編集後記
 
 
 検査をしていてよく
 業者から反論される事は
 
 「法律や基準」にないもの
 
 ~いわゆる「見た目」などの事。
 
 
 最近の例ですが
 
 完成時、内部のドアを閉めた時
 前後にガタガタと動く事を指摘しました。
 (あそびが大きい)
 
 風や振動でガタつかないための指摘で
 ほとんどの家はきちんと出来ています。
 
 ただ、ここの担当者は
 
 「当社はこれでも合格です」と言いました。
 
 
 調整が面倒なのか
 簡単にこの一言で片付ける・・・
 
 
 施主を言いくるめて
 事を簡単に早く処理したいという考えでしょう。
 
 家は長く使うものこんな態度では
 あとあとの対応もいいわけありません。
 
 
 品質判断基準はやはり
 消費者側が最終するものでは?
 
 
 ルイヴィトン
 シャネル
 メルセデス
 ロレックス・・・
 
 
 ブランドは消費者の支持が
 ブランドに押し上げるように
 業者が勝手に造るものではありません。
 
 
 こんなサイトもあったりして
 現在の社会は
 いい加減なことはできません。
  ↓
 http://www.nandemo-best10.com/

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影