ブログ

欠陥住宅事例108(床合板釘の不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日、今日とまた大雨ですね。
 午後から事務所で書類作成です
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「床合板釘ピッチが広い」
  _______________________
 
 108

  

  写真解説:在来工法2階床合板の釘ピッチが広い。
       火打ち梁を省略する場合水平剛性確保
       に必要な釘ピッチは@150mm。
       (写真200mm)

  「大きな吹抜けの家は弱い」 と
 
 聞いた事ないでしょうか?
 
 
 家の強度は壁ばかりに
 目がいきがちですが、
 床面(水平)の剛性も大事です。
 
 
 最近、木造在来工法で
 火打ちという斜め材を省略して
 厚さ24mm、28mmなどの合板で
 水平剛性を確保する事が多くなりました。
 
 せっかくの厚い合板
 しっかり留めないと剛性は出ません。
 
 基準ですが公庫仕様書 5.8.7に
 N50(構造用)の釘 @150mm以下で
 固定するとあります。
 
 
 大工さんたちが知らずにやっている例です。
 
 
 現在90%の家はこのような床構造です。
 耐震性もUPすると共に
 上下階の音(振動は別)も軽減します。
 
 
 
 ◆対策
 
 フローリングを張ると見えなくなり
 あとからはわかりません。
 
 上棟(建て方完了)時の検査で
 細かく見ることです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影