ブログ

欠陥住宅事例65

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今回の事例は
 気密シートの不備です。
 
 気密シートとは「透明のビニール」そのものです。
 部屋内の空気が隙間などから壁内など外へ逃げない
 ように封じ込めるために使われます。
 
 何のため?
 
 ・壁内の結露防止・・水蒸気を多く含んだ部屋の空気を壁内へ
           入れない。
 
 ・気流による空気移動の防止・・冷暖房した空気を逃がさない。
 
 などが主な理由です。
 
 
 
■今回の事例______________________
 
 ・「天井面の気密シート」・・壁との隙間まで施工がない
  __________________________
 
 65

 
 

 写真解説:天井面に気密シート(矢印部)を施工する
 仕様ですが壁との取り合いまでシートは伸びていなく、
 その部分(丸印)で気密は取れずシートを施工した効果が薄い。

 
 今回の写真の事例は
 2階の天井だけに気密シートを施工した例です。
 
 
 理由は特に聞いていませんが
 この冬場など部屋を暖房しても、
 最上階の天井部分に隙間があれば
 「煙突効果」で温まった空気が隙間から屋根裏へ逃げてしまう
 対策だと思います。
 
 
 気密、断熱については、
 施主さん自身が勉強され非常に詳しい方が増えています。
 
 逆に業界の関係者は、気密住宅を売りにしている会社を除けば
 気密については無頓着です。
 
 
 今回、施主さんから「天井面」だけの
 気密シートの追加オーダーを受け、
 施工した結果、
  ・
  ・
 確かに天井面は施工されていますが
 肝心な壁と天井面の隙間の施工がされていません。
 
 天井面の気密シートを壁との取り合いで折り曲げ
 垂れ下げる(20~30CMくらい)施工方法が正解です。
 
 
 
 ◆対策
 
 高気密を標準で行なっている建築会社なら
 任せても良いでしょう。
 
 そうでない場合は、ご自身でチェックするか、
 事前に施工詳細図面を書いてもらう事を
 お薦めします。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影