ブログ

欠陥住宅事例66

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今回は
 基礎のコーナー部分での鉄筋接合の不備です。
 
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・「鉄筋接合部、つなぐ鉄筋の入れ忘れ」
  _________________________
 
 66

 
 
 写真解説:基礎の鉄筋、コーナー接合部で
      つなぎの鉄筋施工忘れ。

 鉄筋は主に引張りの力に対して働き
 接合部で離れていてはもちろん意味がありません。
 
 また、接合部が弱点になりそうな事は
 想像できるでしょうか。
 
 
 ビル現場などで使う太い鉄筋の場合は
 鉄筋を現場で溶かしてダンゴ状にして接合するんですが
 
 住宅で使う鉄筋・・直径10MMから19MM程度では
 同じ径の鉄筋を規定の長さでそわせ接合します。
 
 
 最近、工場で組み立てしてくる鉄筋が増え、
 現場で手をかけるのは接合部くらいになりました。
 この部分のチェックが重要です。
 
 
 ◆対策
 
 これを防ぐにはやはり全箇所きちんと検査することです。
 
 最近の基礎は鉄筋量が増えて
 検査する意識で見ないと細かいところは見えません。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る