ブログ

欠陥住宅事例113(ヘアクラック)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 急に寒くなりましたね。
 東京のホテルから深夜、メルマガ書いています。
 (配信は翌日ですが)
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「基礎のヘアクラック」
  _______________________
 
 113

 写真解説:先回との比較でヘアクラック
      の掲載です。
 
 先回は地盤沈下の影響による
 基礎のクラックを掲載しました。
 
 
 今回は比較しやすいように
 欠陥とは言えませんが
 「ヘアクラック」
 いわゆる収縮クラックの紹介です。
 
 ヘアクラックの場合
 ひび割れの幅が細いですね。
 だいたい0.2mm程度でしょうか。
 
 
 コンクリートは乾燥過程の中で
 水分が蒸発します。
 
 急激な乾燥や
 水分の蒸発が多いと
 ひび割れが起き易い。
 
 
 起きてしまったひび割れは
 内部の鉄筋が錆びないように
 ひびの幅に応じた補修をしましょう。
 
 
 
 ◆対策
 
 手をかければクラック発生の確率は減ります。
 
 ・固いコンクリートを打つ
   水分量の調整
   
 ・打設時、遊離水など余分な水分、空気を排出
  
 
 職人任せにしないことが一番重要です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る