ブログ

欠陥住宅事例112(基礎のひび割れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今日は朝、涼しかったですが
 昼間、外は暑かったです。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「基礎のクラック」
  _______________________
 112

 写真解説:基礎のクラック。写真は収縮クラック
      ではなく地盤沈下によるもの。
  
 基礎のヒビ割れ=クラック。
 相談があるとほぼ99%は
 コンクリートが乾燥する過程で起きる
 「収縮クラック」
 
 いわゆる・・ヘアクラックです。
 
 程度によりますが構造的には影響ない
 とされています。
 
 
 今回写真に載せたものは、地盤沈下によって
 発生したもので幅は太く約1mm。
 
 
 床も最大8CM傾き、サッシもきちんと閉まりません。
 
 
 クラックを見つけた場合
 自分自身で悩むよりは
 専門家に判断を求めましょう
 
 原因特定は非常に困難だからです。
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の写真のようなクラックは
 地盤沈下が原因で起きます。
 
 特に造成地では
 慎重な基礎補強検討が必要です。

===========================
■(2)編集後記(普段はメルマガのみで読めます)
 
 
 週末、Human21の民事再生のニュースに
 驚きました。
 
 また、上場企業の倒産です。
 
 
 分譲戸建てよりもマンションの影響が大きかったようですが
 業界の不況を感じます。
 
 
 今後人口減の影響で
 住宅着工数も年々減っていく予想です。
 
 競争激化でいい業者が残れば良いですが
 必ずしもそうではありません。
 
 
 
 資材高騰、仕事減による競争激化、購入者の給料ダウン
    ↓
 
 価格競争激化
    ↓
    
 会社の利益を圧迫する
    ↓
 
 社員、職人の人件費を削る
    ↓
 
 品質ダウン
 
 
 今後、業者の見極めが
 ますます重要になりそうです。
 
 しかし、偽装米などの事件にしましても
 素人で見極めは困難です。
 
 
 どうしたら家を安心して建てられるか・・
 
 依頼先選びと工事中の検査が
 
 重要になるでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る