ブログ

欠陥住宅事例111(梁接合部 未緊結)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 工事現場にとって
 ありがたくない 「台風」
 
 私の予定もかなり動いてます。
 週末の予定・台風が原因で変動中です。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「梁接合部の未緊結」
  _______________________
 
 161

 
 写真解説:梁接合部、緊結のための
      金物接合(赤印)なし。
 
 木造住宅の「梁」の接合部
 
 接合がただ、はめ込んだだけですと
 地震時などに抜けやすいので
 
 建築基準法施行令47条にあるように
 
 構造上主要な部分である梁の継ぎ手は
 緊結しないといけません。
 
 
 ただ、この例は90%以上の業者さんは
 理解していて指摘率は低いです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 上棟時の検査で構造金物の一種として
 全数検査する事です。
 
 取り付け方法ですが、
 片面だけの現場がほとんどですが
 たまに両面取り付けている現場を見ます。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る