ブログ

欠陥住宅事例110(基礎天端レベル不良)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今日は現場の予定なし。
 明日、締め切りの重要書類がありまして
 それに集中するためです。
 
 仕事⇒書類⇒仕事⇒書類・・・というように
 事務所で過ごしています。
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「基礎の天端レベル不良」
  _______________________
 110

 
 写真解説:基礎の天端の凸凹。
      水平でないといけない部分が
      明らかに波打っている
 
 基礎の天端が「ガタガタ」な事例
 
 写真でわかりますでしょうか?
 
 
 通常、基準としまして、全体で許される誤差は
 
  4~5mm程度の高低差が一般的です。
 
 今回の現場は最大8mmの高低差がありますし
 目視でも水平が悪い事は明らか。
 
 
 基礎の水平が悪いと建物は真っ直ぐ建ちません。
 この家は
 柱の下などに「かいもの」をたくさん入れて
 水平にしてました。
 
 基礎の水平精度を確保するには
 かなり手を加えないと出ません。
 今回は目で見てわかる悪さなので
 やっている本人は気づいているはずです。
 
 
 
 ◆対策
 
 基礎は家の土台で水平は重要!
 
 当社は検査が該当すれば水平測定をしています。
 
 自主検査ではこれがなかなかめんどくさくて
 省略されているケースが大半です。
 
 検査するとわかると職人さんも
 結構気を使って施工します。
 
 やはりチェックしかありません。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る