ブログ

欠陥住宅事例68

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 次回からホームページの欠陥写真が
 パート3へ以降します。
 
 今回は屋根を受ける柱(小屋束)が短く
 下部が不安定な例です。
 
 
 
■今回の事例______________________
 
 ・「屋根部の柱(小屋束)の寸足らずによる固定不良」
  ___________________________
 
 68

  
 写真を見れば何がおかしいか一目瞭然。
 
 この部分は公庫基準から「かずがい」を
 2本打ちして固定する方法が一般的です。
 
 しかし、「かすがい」でいくら固定しても
 今回の例のようでは、下にかった木が動けば
 固定の意味がなくなります。
 
 
 また、この部分は「かすがい」での固定では不十分で
 屋根の変形を小さくするにはしっかりした金物どめ
 が必要という一部の専門家の意見もあるくらい、
 固定(緊結)が重要な箇所です。
 
 
 法律的に今回の事例は
 建築基準法施行令 第47条(継手、仕口の緊結)
 に違反しています。
 
 
 
 ◆対策
 
 木躯体の材料を工場でカット(プレカット)してくれば
 このような問題はまず起こりません。
 
 躯体が組みあがった時点で
 きちんと検査をすれば発見できる事です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影