ブログ

事例132(極端なかぶり不足)

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昼間、現場ばかりの日々・・・
 この状態が今週一杯続きます。
 
 
■(1)今回の事例___________________
 
 ・「基礎の極端な かぶり不足」
 __________________________
 
 132

 
 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 基礎立ち上がり側面のコンクリートかぶり不足
 
 ※かぶり・・鉄筋まわりのコンクリートの厚さ

 
 ◆内容説明
 
 コンクリートの厚さ、規定で4CM必要な箇所
 
   1CMしかない
   
 
 なぜこのようなことが起きるのか?
 
 きちんと位置を確認しないで
 鉄筋を組むからです。
 
 ベタ基礎の場合
 一度組んだ外周部の鉄筋を動かすことは
 困難であり手間です。
 
 ですから、ダメとわかっていても
 コンクリートを流し込めば
 わからなくなりますし
 自主的に直さないケースが多いと思います。
 
 
 
 ◆対策
 
 あとで目視できない部分であり
 コンクリートを流し込む前の検査は重要です。
 
 普通、ベタ基礎はコンクリートを2回打ちます。
 それぞれ打設前に検査することをお勧めします。
 
 
 
============================

■(2)編集後記 (普段はメルマガのみに記載)
 
 
 年末の大掃除
 
 きれいにするコツがわかると
 掃除も楽しくなります。
 
 ネットで探すと案外ノウハウがあったりします。
 
 一例 ↓
 
 http://www.rinnai-style.jp/RinnaiDirect/lp/cleaning/?=adw#other 
 いろいろ探してみてチャレンジしてください。
 
 
 私は事務所の内装を少しさわったり
 自宅も休みに入ってから少しやろうと思っています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る