ブログ

欠陥住宅事例55

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『床合板 釘の空打ち』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・2×4 床合板を留める釘が空打ち
  _________________________
 
 55

 
 
 地震対策で一般的に頭に浮かぶのは
 
 「壁を増やせば強い」という考えです。
 
 
 確かに間違いではありませんが
 
 四角の箱を想像してください。
 側面4面だけで上下が抜けていると
 箱は力を加えると変形しますね。
 
 
 そうなんです!
 上と下・・・家では床、天井面の剛性も大事なんです。
 
 
 今回の写真はその床の剛性を受け持つ
 床合板の釘が空打ちしている写真です。
 これでは釘打ちの意味が全くないです。
 
 
 大工さんはいくら機械で釘を打っても
 空打ちすればわかります。
 そのままにした事は手抜き工事と言えるでしょう。
 
 
 ▽ここで少し知識
 
 構造計算をしない2階建ての建物は
 壁の量のチェックだけで床剛性は検討しません。
 
 ただ、性能表示制度を使う場合は必須です。
 
 よく、壁量だけ増やして耐震等級3だという
 表現をしている場合があります。
 
 階段くらいの吹抜けは床面の剛性にあまり
 影響がないですが、大きな吹抜けや階段近くの
 吹抜けは床剛性を落とします。
 吹抜けを譲れない場合は周囲の床補強等が必要です。
 
 
 ◆対策
 
 今回もよく見るしかありません。
 
 今回の写真は床下で発見したものです。
 あとから見そうもない、見えなくなる部分に
 欠陥は存在しやすい

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る