ブログ

欠陥住宅事例54

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『躯体ジョイント部の釘打忘れ』を紹介します。
 
 
■今回の事例______________________
 
 ・2×4住宅の外壁コーナー接合部の釘打ち忘れ
  __________________________
 
 54

 
 2×4の接合部は釘で主に接合します。
 写真の赤の印のように各コーナーから釘打ちが必要ですが
 片方を打ち忘れた例です。
 
 
 現在、壁部分などはトラックに乗る大きさでパネル化されて
 現場に搬入されるため、全て現場で釘打ちはしませんが
 パネルジョイント部などは現場で大工さんが釘を打ちます。
 
 
 2×4の釘打ちの量ですが
 数えた事はありませんがものすごい数です。
 (何千本という単位でしょう)
 人間がやることですから当然完璧の確率は少ないです。
 
 事実、この現場もこの他、主要部で2ヶ所釘打ち忘れが
 ありました。
 
 
 私が思うには、大工さんが打ち忘れる理由の1つに
 打ったあとの釘頭は木の節などと類似し
 非常に見難いためではないかと

 他メーカーの家でも社内検査の後に検査に行っても
 私はよく釘の打ち忘れを発見することが多いです。
 
 よほど意識しないと見えないのが
 躯体の釘頭です。
 
 
 ◆対策
 
 全数検査しかありません
 
 ただし、かなりの見る意識を持たないと見えません。
 
 
 先日、ためしに完成検査などは慣れている
 当社のスタッフを現場へ連れて行き
 釘の打ち忘れの発見だけ集中させましたが、
 2ヶ所の見落としがありました。
 
 私は100%ではないでしょうが釘の打ち忘れが
 よく見えます。
 
 やはり経験でしょうか?
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影