ブログ

欠陥住宅事例91(防水紙切れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 土曜の午前、
 昼間事務所に居るのは1週間以上ぶりです。
 ただ、午後からは3件検査予定が入って
 のんびりとはいきません。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「防水紙の切れ」
  _______________________
 91

 
 

 写真解説:防水シートの切れ。上の木をカット
       した際に一緒に切れてしまった
 
 外壁材の裏側で防水の役割を果たす
 
  「防水紙」
  
 今回の事例は、胴縁(写真に写っている木)を
 取り付けたあと、のこ切りで長さをカットしたため
 防水紙が破れてしまった。
 
 
 防水紙=破れていては雨が入り、当然ダメ
 
 
 本来、胴縁はカットしてから付けるべきですが
 施工がたぶん楽なのでしょう。
 
 
 今回のような事例は
 ここ、数ヶ月で3件くらい見ました。
 
 同じ職人じゃないですよ。
 
 破れてしまったあと、何らかの措置をすれば
 まだ、良いのですが、
 全ての現場
 
 ・・・そのままでした。
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の部分は、あとから見えなくなる
 壁の裏側で、外装では一番重要な部分でしょう。
 
 雨漏りの瑕疵保険を掛けてあっても
 今回のような瑕疵があれば保険は認められない
 可能性もあり、
 
 ここでの検査は比較的重要です。
 
 
 当社は断熱材の検査のとき、
 外部防水紙も検査してます。
 
 
 
=========================
■(2)編集後記
 
 
 建売や中古住宅購入前の検査
 
 契約前に検査をして、瑕疵があれば契約しない
 というのが理想ですが、
 ほとんどは契約後の依頼が多いです。
 
 良心的な業者から買う場合は
 それでも問題ないですが
 
 契約後、強気になる業者はタチが悪い。
 
 
 お金のかかる補修は拒否してくる。
 
 
 この前も、玄関のポーチへ上がる階段の蹴上げ(高さ)
 が一定でなく(5CMほど違う)
 うちのスタッフも検査中につまずいたりしたので
 危険だと指摘したところ
 
 「建築基準法に外部階段について
    そのような規定はなく瑕疵でない」
 
 という反論がきました。
 
 
 契約前であればきっとこんな事、
 言わないでしょう。
 これから長く住む家、あとあとの対応も
 良くはないでしょう。
 
 
 契約前に調査するか
 業者の誠意を見極めるしかありません。
 
 建物の良し悪しも大事ですが
 
 いい業者から買いましょう!

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影