ブログ

欠陥住宅事例94(ビスの不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 先週末から非常に蒸し暑いです。
 
 今日も検査行ってきましたが、
 ちょっと動いただけで汗かきます。
 
 事務所の中が涼しくていいですね~
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「石膏ボードビスピッチの不備」
  _______________________
 
 94

 写真解説:2×4、浴室周りの耐力壁石膏ボード
      のビスピッチが広い。
      写真は検査指摘後、ビス打増し是正中。 
 
 日本の住宅の壁下地のほとんどは
 石膏ボードです。
 
 
 高校生がイライラして壁を叩くと
 簡単に穴が開く、石膏ボードですが
 
 
 実は、耐力壁として地震や風の力を
 受ける役割を一部はたしているのです。
 
 
 耐力壁として基準を満たすには
 きちんとした釘又はビス留めが必要で
 
 意外に大工さんがこの事を理解してないのが
 現場での現状です。
 
 
 今回はたまたま、翌日にユニットバスを
 設置するという状況で検査に伺い
 ビスピッチの広さを指摘しました。
 
 
 写真のように簡単に是正ができるのも
 ユニットバスがないからで、
 
 もし、設置後であれば一度ユニットバスを解体
 しないといけないところです。
 
 
 私たちのような検査は業者側に嫌われるのが
 一般的ですが、業者側にメリットがある場合は
 
 感謝されます。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の現場の例でも
 監督さんはチェックできていません。
 
 あとからユニットバスの天井裏などから
 ビスピッチをチェックできますが
 
 
 もし不備があれば
 
 補修はクロスをめくったり、設備を解体したり
 大変です。
 
 
 2×4や在来工法でも準耐力壁をみている場合は
 きちんとこの工程は検査すべきです。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影