ブログ

欠陥住宅事例95(階段高さミス)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日の午前中は書類作成に追われています。
 
 午後は検査、今日も暑そうです。
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「階段の高さが一定でない」
  _______________________
 
 95

 

 写真解説:玄関ポーチの階段高さ。下より1段目20cm、
       2段目13cm、差は7cm。リズムを崩し、
       使いにくく危険。
 
 今回は基準とか構造には関係ありません。
 
 玄関ポーチの階段の高さ(けあげ)が
 バラバラの事例です。
 
 
 階段の感覚として「きつい、緩い」を
 感じると思います。
 
 今回のように、段の高さが7CMも違うと
 リズムを崩し転んだりする確率が
 
 非常に 高い と思いませんか?
 
 
 普通、階段の高さは一定ですね。
 
 
 このような階段になった理由ですが
 たぶん、外回りの土の高さの設定が
 想定と違ったためでしょう。
 
 
 今回、検査で指摘すると
 一度は 「基準にないから」 
          と是正を拒否されました。
   (費用がかかるからですね)
 
 
 業者は家を引渡せば終りですが
 これから毎日、何十年と家族が通る場所、
 施主にとったらこのままでいいわけありません。
 
 
 最終的には渋々直してもらいましたが
 最初からすんなり是正して欲しかったです。
 
 
 いろんな業者がいます。
 「儲かる、損する」で判断する業者から
 
 買いたくないですね。
 
 
 
 ◆対策
 
 引渡し後に気が付いても是正してもらえない事は多いです。
 
 工事中や完成時、生活を想定して
 きちんと家を自分でもチェックする事です。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る