ブログ

事例129(鋼製火打ち釘忘れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日は設計した住宅の上棟日でした。
 初めて家の形が出来る日・・何か特別な感じです。
 
 
■(1)今回の事例_________________
 
 ・「鋼製火打ち・釘の打ち忘れ」
 ________________________
 
 129

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 床面などの水平剛性に必要な「火打ち」
 鋼製火打ち端部、緊結のための
 スクリュー釘打ち忘れ

 
 ◆内容説明
 
 鋼製火打ちの端部緊結方法は
 製造メーカーが決めています。
 
 今回釘が未施工だったのは
 
 ・単なる忘れ
 ・ボルトだけでよいと勝手に判断した
 
 どちらかでしょう。
 
 製造メーカーは強度試験をしているため
 メーカーの規定に従うことが必須です。
 
 最近、2階床面は24mmや28mmの合板で
 水平剛性を取るようになり
 火打ちは小屋梁面(2階天井上)だけの
 場合が多いです。
 
 
 水平剛性・・耐震性に重要ですが
 水平剛性の検討は2階建て木造住宅では
 強制されていません。
 
 耐震等級2以上の取得、または構造計算をすると
 きちんと検討できます。
 
 
 ◆対策
 
 構造上主要な部材でもあり
 釘1本まで全数チェックしましょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影