ブログ

欠陥住宅事例119(壁断熱材空洞)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今週もそこそこ忙しいですが
 9月に比べると余裕出ています。
 
 
■ 今回の事例_________________
 
 ・「壁断熱材の大きな隙間」
  ______________________
 119

 

 
 写真解説:赤外線カメラの画像。エアコン下と横の壁、
      黄色の部分で断熱材が抜けて紫部分は
      入っている。

 壁断熱材の「未施工部分」 一番気が付く人は?
 
 
 
 
     エアコン屋さんです。
     
     
  壁に穴をあけるからですね。
  
   
 もし、最初からエアコン配管を入れていたり
 配管を通す「スリーブ」を入れていれば
 誰も気が付かないでしょう。
 
 今回、赤外線カメラで発見できましたが
 通常は壁を取らない限りわかりません。
 
 写真の例は
 追加代金を払って性能の良い断熱材を選んだのに
 家の壁30~40%に空洞があった。
 
 施工ミスもここまでくると
 かなり悪質です。
 
 高断熱を希望したのに
 これでは冬寒く、夏暑いでしょう。
 
 
 ◆対策
 
 断熱材の自主検査を行なっている
 会社は少ないです。
 
 断熱材はあとから見ることは出来ません
 隠れてしまう前にチェックしましょう。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影