ブログ

欠陥住宅事例21

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回は「鉄骨造 梁接合部の不備」を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・全てボルトで接合する部分に溶接接合がある
 ・高力ボルト使用部に「普通のボルト」が使われている
  
  _________________________
 
 22

 
 鉄骨造の多くは木造と違い「耐力壁」を持ちません
 (※軽量鉄骨造は耐力壁を持ちます)
 そのために広い空間が可能で大型店舗や超高層ビルなどあらゆる
 建物に適合する。
 
 
 鉄骨造は一体構造ではなく部材を組み上げ、
 各部材の接合部は溶接やボルトによって接合され一体となる
 そのため接合部が大変重要な構造要素です。
 
 
 つまり部材自体の大きさなども重要ですが接合部もかなり
 重要で間違いがあってはいけない箇所です。
 
 
 今回のような間違いはなぜ起こったのか?
 
 
 構造計算が不要で
 鉄骨躯体全般を図面から全て鉄骨業者に任せ、
 
 確認申請で建築士が絡むけど、構造面、現場監理はノーチェック
 
 建築業者も無知であり監督、職人も間違ったまま施工された。

 ◆対策
 
 何年か前に鉄骨工場のランク付けがあり
 建物により製造工場が限定されるようになりました。
 
 また、2階建ての住宅でも告示などにより
 確認申請に構造図、構造計算の添付を求められる事も
 あり「専門家の関与」が増えて間違いが少なくなって
 います。
 
 行政の指導がきちんとしてきていますが
 法を守らない業者もいる為、
 やはり経験の少なそうな業者に頼まない事です。
 
 
 欠陥住宅被害ネットで処理している現場で
 意外ですが多いのは木造ではなく     
 
 
 
 「鉄骨造です」

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影