ブログ

欠陥住宅事例31

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回は『断熱材の種類の間違い』を紹介します。
 
 
■今回の事例_______________________
 
 ・壁断熱材のグラスウール、密度16kg/m3を使うところ
  一部に天井用として現場にあった10kg/m3を入れてしまった。
  
  (注意・・・密度が高い方が高性能)
  ___________________________
 
 31

 (写真左が16K,右が10K)

 今回、大工さんはパッケージの色が違うが天井、壁とも
 厚さが同じだから同じ種類のものと勘違いしたそうです。
 
 壁用のグラスウールで厚さ以外に密度の種類があることを
 知らなかったようです。
 
 
 中には材料が不足し故意に厚さが違うものを
 施工する例もありますが
 今回は現場に正規の材料も余っていまして
 本当に間違えたようです。
 
 
 
 区別が付かないの?とお思いでしょう
 
 
 そうなんです。
 グラスウールは梱包にしか厚み、密度が記載されていません。
 中をあけてバラバラにするとこれらの表示はありません。
 
 今回は密度が違うため持てば何となく重さが違うという
 くらいです。
 
 
 
 グラスウール以外の断熱材では
 
 ロックウールは厚みの表示がとても見難く表示されています。
 
 ポリスチレン系などは1,2,3種という種類(これも見難い)
 を間違いやすいです。
 
 
 断熱材メーカーはこれらの表示をもっと見やすくして
 欲しいです。
 
 検査の際、一目ではわからずいつも苦労します。
 
 
 
 
 
 ◆対策
 
 大工さんは断熱のプロではありません
 気流、壁内結露・・何のこと?さっぱりわからんという人が
 ほとんどです。
 
 大工さんに限らず多くの設計者、監督もそうであると
 断熱の専門家からは批判されているのが現状です。
 
 
 断熱材をこだわった時、大工さんへ直接説明する事です。
 理解させれば良いです。
 
 
 専門業者の施工する「発砲ウレタン」、「セルロースファイバー」
 等にして全て大工ではなく専門業者へ任せる事も
 有効な策です

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影