ブログ

事例730『断熱材の沈下』

ほぼ1日雨でした。
雨の日の検査で嫌なのが、樋が付く前の軒先の下を歩くこと。

今日2件目が構造検査。
外周確認のため、雨でも足場を歩きます。
軒先からの大量の雨で、カッパを着ていても
袖などから雨が入ります。

カメラは水深10M以上の防水の物を使っています。

 
■(1)今回の事例__________

「断熱材の沈下」
___________________
セルロースファイバー沈下
◆写真解説

セルロースファイバーの沈下。梁下に大きな隙間が発生。
施工密度の低さが原因。

◆内容説明

古紙が原料のセルロースファイバー。
施工は、圧縮された材料を一度砕き、空気と一緒に
壁内などへ専用の機械を使い送り込む。

誰でも簡単に施工できそうですが、
熟練した職人がやらないと、充填が甘くなる恐れがある。

 

◆対策

施工後、表面を押すなどして施工具合の確認をする。

========================

■(2)編集後記
午後は欠陥の是正確認に行ってきました。
依頼者は、ホテル住まい。一旦、家財を全て
出しての工事です。

何度か欠陥検査に入り、是正をしていただいているメーカー。
このところ担当者たちと頻繁に会うため、このメーカーの人たちの
顔と名前をずいぶん覚えました。

相手は、今後は私と会うことがないように
社内でいろいろ対策を講じていると思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影