ブログ

欠陥住宅の解体

躯体に大きな瑕疵があり、工事を途中でストップ。
話し合いの結果、解体することになりました。

業者にとっては、この後工事を再開する、契約解除をする、どちらにしても
大きな金銭損失です。施主さんにとっては工期が大幅に遅れ、予定が狂う。
また、近隣住民の方は、振動、ほこりの影響を受けます。
結局、解体屋さん、産廃処理業者以外、誰もうれしくないです。

躯体のミスは、損害が大きいです。ただ、完成してから発覚するより
工事中に分かる方が損失が少ない。
それでも、品質に予算をかけられないのが、住宅業界の現状です。

 

「住宅が売れない」という記事が今日のヤフーに出てました。
売るために品質管理の予算を削り、広告代に充てる会社もあります。

事実、業者の社内検査を請け負っている検査会社が
暇になると、仕事を切ってくる会社が多いと言ってました。

現在、ホンダは相次ぐリコール問題に苦しんでいます。
住宅はリコールがないから、住宅メーカーの人たちは、
他人事のようにニュースを見ていると思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影