ブログ

事例735『土台のカビ』

今日、県外での裁判が延期になり、予定を組み変え
現場をフルに回ってきました。

事故渋滞などにもはまり、事務所に戻ったのは20時。

連絡希望がいくつか入っていますが、
今から書類を書かないといけないので
メール以外は明日以降の対応になります。

(この本文は早朝に原稿を書いています)

 
■(1)今回の事例______________

「土台のカビ」
_______________________
土台のカビ
◆写真解説

土台のカビ。床下の湿気が原因で大量のカビが土台に発生。

 
◆内容説明

住宅の省エネ化で、気密の高い家が増えています。

床下を換気しない基礎断熱の家も増えていて、
計画換気などで、床下の湿気を対処しないと
カビなどが発生することがあります。

ただ、計画換気が動くのは電気が通ってから。
雨に濡れたまま床を密閉してしまうと、工事中にカビが生えます。

 
◆対策

床下を換気しない場合は、機械換気などで湿気対策をする。

定期的に床下を点検する。

 

==============================

■(2)編集後記
数ヶ月前に欠陥検査した家の近くを、たまたま通りました。

引渡し前のタイミングでの検査。かなり重大な欠陥があることが分かり、
それを知った業者がカギをかけたため、
施主さんは今でも、家に入ることができません。

 

住むのに危険な家ですが、自分の家に自由に入れない。
非常におかしな話です。
裁判が終わるまで、壊すこともできない。
安全な新居に住めるのは、数年先になりそうです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影