ブログ

省エネには家の高断熱化が必要

自家発電装置「エネファーム」の設置を推進するため、
今年も補助金が付くようです。
新築だけでなく、既設給湯器からの買い替えも対象です。

省エネ設備を設置しても、家の断熱性が悪いと驚くような光熱費の請求が
来ることになります。エネファームも国が推進している一方で
予想以上に光熱費が高いとして、裁判をしている方も見えます。

 

大手ハウスメーカーの家は省エネをうたっていますが、
工事中検査に入ると、壁の下から光が見えたりしています。
また、赤外線サーモグラフィーカメラで撮影をすると
たくさんの断熱欠損や熱橋が写ります。

「監督に光が見えている個所塞がないの」と聞くと、マニュアルを出してきて、
ふさぐようになっていませんという答えが返ってきます。
これらは、ここ数年で商品改良していくと思われます。

高断熱化は、使う材料などを間違えると壁内結露が起きます。
特に工業化住宅は、工場で断熱材をはめてくるため、運搬中や施工中に濡らせば
結露や材料腐朽の恐れが出てきます。

過去にあるメーカーが出した新商品は、全て床下がカビだらけだったように
今後、リフォーム含め高断熱化に各社力を入れていく中で、いろいろな失敗事例が
起きるでしょう。施工実績がないものには注意が必要です。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影