ブログ

事例765『3階建て 防火施工不備』

日曜日に足を痛め、関節に水がたまり、場所が悪く注射で抜けない。
痛み止め、炎症を抑える薬で治療。
その薬で胃腸を痛め、体調が最悪の1週間でした。

歩くのにやや不住がある程度で、仕事を休んでいませんが、
水曜日に歩きすぎて悪化。

検査以外、余分に動かないようにしてます。

 

■(1)今回の事例______________

「3階建て 防火施工不備」
_______________________
鉄骨造防火

◆写真解説

鉄骨造3階建、準耐火建築物。
ユニットバスまわりの壁、天井に石膏ボードが未施工。
告示違反であり所定の防耐火性能がない。

 

◆内容説明

ユニットバスまわりの石膏ボードの施工が未施工の現場が多い。
(地域、建物の構造などによっては不要のものもあります)

現場監督、大工さんの知識不足が原因です。
図面に書かれていても、施工されていないケースがある。
石膏ボードの役割は、壁下地以外に構造と防火がある。

2×4では、開口部以外は耐力壁になる個所が出てきます。
在来工法でも、耐震等級計算などで指定をすれば耐力壁になる。

防火面では、今回のように準耐火建築物、省令準耐火構造、
外壁の防火構造などで石膏ボードの施工が必要になる。
(防火構造で外壁材によっては石膏ボードが不要なものもある)

 

◆対策

ユニットバスを入れる前に現場を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

今、日経BP社のサイトで私の記事が読めるようになっています。
記事に対する書き込みができ、編集者から嫌な内容も書き込まれますと
メールをいただきました。

批判をいちいち気にしていたら、今の仕事はできません。
裁判で相手弁護士からひどいことを直接言われたり、書かれることに
比べれば、たいしたことありません。

 

昨日、裁判中の現場の立ち合いをしました。
現場立ち合いで、過去何度も当事者どうしで、けんかが始まったり、
私がけんかを売られるということを経験しています。

昨日は、お互いが非常に穏やかで、拍子抜けしました。
結果は分かりませんが、円満解決できると良いと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影