ブログ

事例769『落ち葉による樋のつまり』

午前中は雨漏り調査。

下に居る時は比較的暖かく感じたが、
屋根に上がると寒かった。

風の有り無しで体感温度が変わることを
身を以て感じました。

 

■(1)今回の事例______________

「落ち葉による樋のつまり」
_______________________
谷樋

◆写真解説

屋根の谷樋、落ち葉によるつまり。
雨水が流れにくく雨漏りの原因になる。

 

◆内容説明

屋根がV字型に折れる個所。
瓦の下に谷樋という板金が施工されている。

スムーズに雨が流れれば問題ありませんが、
落ち葉などが大量にあるとオーバーフローを起こすこともある。
私の自宅は、鳥の巣の枯草が軒樋に大量に落ち、
樋がオーバーフローしたことがありました。

 

◆対策

落ち葉や鳥の巣などは雨漏りの原因になることがあります。
周囲に木が多い場合は、点検をまめにするとよいでしょう。

 

==============================

■(2)編集後記

今回紹介したような屋根の点検は、容易ではありません。

境界までの距離が狭い場合、隣の土地を借りないと
はしごが掛けられないケースもあります。
また、屋根勾配が急な場合は、屋根の上を歩くことができません。
最近、「ドローン(Wi-Fiコントロールヘリコプター)」の広告を見た時
これは屋根点検に使えるのではと思いました。

どんなものか分からないため、実際自分で体験するまでは
使えるかどうかは分かりません。

強風時などは使えない可能性があります。

また、床下にも使えると良いですが、プロペラの風で
埃が舞い、画像が撮れない可能性も考えられます。

使えるものなら、点検が楽になる道具だと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影