ブログ

事例772『鉄筋の露出』

GW前に検査依頼が集中し、GW中でも検査に来てほしいと
いう依頼が2件ありました。日程を調整していくと
やはり休み明けになりそうです。

連休明けの予定が埋まり出しています。
GW明けすぐの依頼は、早めにお問い合わせください。

 

■(1)今回の事例___________

「鉄筋の露出」
____________________
基礎斫り

◆写真解説

基礎の人通口をあけ忘れ、あとからコンクリートを
斫ったため鉄筋が露出している。

鉄筋も切断している。

 

◆内容説明

木造住宅の基礎。
点検のために基礎の立ち上がりに
幅600mm程度の人通口を設けます。

この現場は、基礎が完成してから1ヶ所未施工に気づき
コンクリートを斫り、鉄筋を切断し、人通口を設けた。

鉄筋自体の露出で、かぶりゼロですし、
鉄筋を切断していることも、耐力上問題がある。

 

◆対策

図面チェックや配筋検査時に確認する。

 

===========================

■(2)編集後記

これから検査を依頼する方に、他社との違いを訪ねられました。

大きな違いは、フランチャイズでないこと。
全国展開しているところほど、検査にくるのは
設計事務所の建築士のアルバイトです。

それが悪いとは言いませんが、
検査経験数もそれほど多くないでしょうし
本部が経費を引くため、報酬自体は安いはずです。

建築は現場ごとに内容がいろいろなので、
コンビニや飲食店のように、商品の質を統一が難しい。

 

また以前、裁判に関わる検査会社は判断が
裁判所基準になるのではという質問を受けました。

是正の話し合いで折り合いがつかず、紛争になる恐れがある時、
内容が瑕疵であると認定されない恐れがあり、
依頼者の不利益が予想される場合がある。
このようなケースでは、この辺りで折り合いを
付けるべきだと勧めることがあります。

もちろん構造的に危ないなど、重大な瑕疵である場合は
強気に背中を押します。

何でもかんでも、強気に押し、紛争を勧めることは
弊社にとっては書類を書くなど、儲けになりますが、
お客さんが損をする可能性があります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影