ブログ

事例781『天井の大きなひび』

今日から夏服に替えました。
汗をかいてもすぐに乾く素材の服です。

さっそく屋根裏へ入り、大汗をかきましたが
すぐに乾きます。

9月くらいまで、相談などの時もこの格好です。

 

■(1)今回の事例______________

「天井の大きなひび」
_______________________
天井ひび

 

◆写真解説

天井の大きなひび割れ。
天井裏の構造材(木材)が大きく変形したのが原因。

 

◆内容説明

天井に大きなひび割れが出来て、検査に入った。

原因は梁の固定不良と大きな反り。
木は収縮や反りなどが起きやすい。

写真のような大きなひび割れが発生しても
経年変化だから対応しないという会社があります。

幅の大きなひび割れは、構造の瑕疵がある可能性が高い。
詳しく調べてみるべきです。

 

◆対策

乾燥材の使用および、構造組み立て時の緊結チェック。

 

==============================

■(2)編集後記

今日、建売の検査に行った。
最初に業者が言った言葉は「何かあっても対応しません」。

指摘が出ても、瑕疵があっても知らないという意味であると、
こちらは取りました。
建売住宅は土地が付いているため、その土地が気に入れば、
建物は少々気に入らなくても買うケースが多い。

同じ土地は2つとないため、
売る方も「売ってやる」という態度になります。
真面目な業者が増えている中で、
未だに古いスタイルの業者が居ます。

このタイプの業者は、あとあと問題が起きても責任を取りません。
ですから嫌がられても、購入時に検査に入ることが重要です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影