ブログ

事例791『遮熱材の落下』

1日瑕疵検査でした。終わるころには、
いろいろ考えることがあり、頭の中が一杯。

また、帰りの車中で、検査中に連絡を頂いた方へ
電話をしていたため、この現場のあと、帰る途中で
立ち寄る現場があったのをすっかり忘れてしまい、
事務所まで戻ってきてしまいました。

先方にはお詫びを入れ、明日伺うことになりました。

■(1)今回の事例______________

「遮熱材の落下」
_______________________
遮熱材落下

◆写真解説

屋根の遮熱部材の落下。これでは効果がない。
固定不良が原因。

 

◆内容説明

夏の暑さ対策として、遮熱シートが数年前から
使われるようになった。

自動車や家のガラスに付ける、シェードのようなものです。

所定の位置にきちんと付けないと、効果がありません。

 

◆対策

壁内や小屋裏など見えない箇所に施工するものなので、
工事中に確認することが重要です。

 

==============================

■(2)編集後記

大分県杵築市での住宅火災のニュースで焼け跡をみると、
木造住宅の防耐火性能を上げるべきだと思います。

スプリンクラーの設置は現実的ではないため、
最低、省令準耐火構造にして、きちんと施工をすれば
延焼を遅らせることができます。

延焼を遅らせれば、命が助かる可能性が上がります。

「省令準耐火構造」は、希望すれば、どこの工務店でも施工してくれます。
ただし、規定が細かいため、無知な業者にやらせると
所定の防耐火性能は確保できません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る