ブログ

事例792『カビの拡散』

この事例も、もうすぐ800号目。
最終1000号越えを目指しています。

この前も、写真のおかげで自分で欠陥が発見できたという
お礼のメールをいただきました。

800例もあるため、一部重複したものも多くなっていますが、
新たな例も今後掲載していきます。

 

■(1)今回の事例______________

「カビの拡散」
_______________________
カビ

◆写真解説

24H換気のフィルターをすり抜けたカビ。
熱交換型の換気扇のため、カビがダクト内に付着し、
室内へ戻される。

 

◆内容説明

家の高断熱、高気密化でカビの問題が多く発生している。
この家は床下のカビの胞子が家中に飛散した現場。

床下の空気がコンセント等の開口から室内へ入る。
また、部屋の空気が隙間から天井裏へ抜けていく。
このような、自然の空気の動きと換気扇によりカビの胞子が
家中に移動する。

部屋の空気を循環させるタイプの換気扇は
カビの胞子がフィルターをすり抜けてしまうと
カビをあちこちに移動させてしまう。

 

◆対策

カビを生えさせないことが一番ですが、
気を付けていても、生えてしまうことがある。

早期の発見が一番です。

 

==============================

■(2)編集後記

昨日、建築業者さんに呼ばれ、ミニセミナーを行ってきました。
今現在多く発生している瑕疵として、3つを紹介。

その中の一つが、今回紹介したカビです。

先日の新聞で、東北の仮設住宅がカビに悩まされているという
記事を読みました。各所でこの問題は起きています。

建てる側がきちんとカビの対策をしないと
結露や雨漏りなどでカビは生えやすいです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影