ブログ

事例797『立ち上がりのかぶり不足』

夕方から風が涼しくなりました。

しかしほとんどの家は昼間、屋根、壁が
暖められているため室温はなかなか下がりません。

断熱材はあとからの工事が結構困難です。
新築時にきちんと考えましょう。

 

■(1)今回の事例______________

「立ち上がりのかぶり不足」
_______________________
立ち上がりかぶり
◆写真解説

基礎立ち上がりの鉄筋が型枠に近い。
規定のかぶりが取れていない。

 

◆内容説明

コンクリートを打設する直前の写真。
鉄筋が型枠に近く、規定のかぶり厚が確保されていない。
基礎の立ち上がりのかぶりは、土に接する箇所は4CM。
それ以外は3CM。又は図面で指示された寸法以上必要。

この段階で検査に入ることは、弊社でもあまりない。
かぶりやアンカーボルトのチェックのため
検査しておいてもよい工程です。

 

◆対策

かぶりは非破壊でも確認できますが、
やはり、直接見たほうが確認は容易です。

コンクリートを流し込む前にかぶり厚をチェックする。

==============================

■(2)編集後記

工務店相手に建材を売っている会社がある。

そこの会社は、
・価格を決めてから支払い時に勝手に値引きをする業者
・仕事のできない現場監督がいる業者
(納期などで振り回される)

会社にとってマイナス要因のある工務店に物を売らない
ことをポリシーにしている。

普通は売り上げUPのため、できるだけ
多くの会社に売りたいはずであるが、徹底している。

 

弊社も工務店から検査を依頼される場合がある。
請けなければよかった思うことは、今までに何度かある。

書類の改ざんを求められたり、
一回きりの簡単な検査で、私がその工務店の品質指導全般をしていると、
営業に利用されたこともある。

同業者に嫌われる会社は、建築主にとってもよいはずがありません。
家を建てる時は、建築関係者の友人から
情報を得るのもよいでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影