ブログ

事例816「床下断熱材の落下」

レンタカーのタイヤに釘が2本も刺さっていた。

途中でパンクすると嫌なので、ガソリンスタンドでタイヤ交換。
結構時間を取られましたが、安心して移動できました。

■(1)今回の事例______________

「床下断熱材の落下」
_______________________
断熱材落下

◆写真解説

床下断熱材、振動によって落下。
ぶ厚い断熱材を入れた意味がない。

 

◆内容説明

床下断熱材は、大引き間に挟んであるだけの固定が多い。
そのため大引きがやせると挟み込みが甘くなり落ちやすい。

断熱材の種類によっては、受け金具があるが、
金具が下に落ちているケースをよく見かける。

断熱材が落ちていても、そこの床だけ特別寒いと
感じることはないため、
床下をのぞかないと落ちていることに気づかない。

 

◆対策

ウレタン吹き付け以外の断熱材は、落ちるリスクがある。
落ちにくい材料を選ぶことも重要です。

 

==============================

■(2)編集後記

今回の例のように、床下などの普段見えない箇所では
いい加減な施工が多い。

今日検査した家も、ずさんな工事を発見。
隠さず施工時に直しておけば、補修費用は10分の1以下
で済んだと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る