ブログ

事例817「小屋裏の湿気」

茨城県常総市の鬼怒川決壊のニュースは、被害のひどさに驚きました。

夏場の大雨は、今後増えていくのでしょうか。
がけ崩れ、川の決壊が頻繁にあるようなら、
家の構造を変えていく必要があります。

 

■(1)今回の事例______________

「小屋裏の湿気」
_______________________
小屋裏多湿

◆写真解説

小屋裏が多湿。湿度は90%を超えている。換気不良が原因。
断熱不良等があると夏でも結露が起きる。

 

◆内容説明

湿度が90%もあると、そこに冷たいものがあれば結露を起こす。

例えば、ダウンライトにエアコンの風が当たっていて
ダウンライト上の断熱材がめくれているケースなどがある。

冬場、外の空気が乾燥していても
室内の湿気が入り込み、冷たくなる屋根面で結露するケースもある。

 

◆対策

小屋裏の湿気対策は「換気」と「2階天井部の気流止め」が重要。

気流止めの意味が分からない業者が多いです。
そのような業者に依頼しない。

 

==============================

■(2)編集後記

分譲住宅やマンションを買うとき、
数は少ないですが、売主が不動産業以外の大手有名企業、
又はその子会社が良い。

なぜかというと、クレームなどの対応をきちんとしてくれます。
(私の経験上での見解)

私が見て、過剰と思うほどの
手直しをしてくれたケースもありました。

不動産業者はクレームの線引きは手慣れたもの。
ですから、業界以外の会社が良い。
また大手有名企業はクレームを嫌うため、
きちんと処理しようとしてくれます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影