ブログ

事例835「鉄筋露出」

新たな裁判相手の弁護士から
瑕疵検査の内容についての反論が来た。

依頼者側を救済するのが弁護士の仕事だから
我々に対しケチをつけることは承知の上です。

ただ、品がない反論が多いので
私たちの仕事をやろうとする若手建築士がおりません。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄筋露出」
_______________________

<コンクリート打設前>
鉄筋かぶりなし

<コンクリート打設後 上の写真と別の現場>
鉄筋露出

◆写真解説

バルコニー下の水切りのための溝部分、鉄筋のかぶりがない。
このままコンクリートを打つと鉄筋が露出する。

 

◆内容説明

鉄筋コンクリート造の建物。
バルコニー床の裏側の先端部、壁からの水が床裏を伝わないよう
溝が切ってある。
この溝の深さを想定せずに鉄筋を組んでいる。

露出を放置し、鉄筋の錆が進行すれば、
コンクリートが割れる恐れがある。

 

◆対策

配筋検査の時によく見れば、確認できる事項。

 

==============================

■(2)編集後記

TV局から住宅詐欺事件をミニドラマ化したいと
協力依頼の電話があった。

ニュース番組では業者の反発が強く
近年はTV局が報道に消極的であった。
ドラマ仕立てならTV局も怖がらずに放送できるようです。

対象になるのは詐欺事件。
チンピラ、無法者が関わるものなど紹介したいです。

詐欺業者の実名が出ないのが残念ですが、
全国放送のゴールデンタイムに放送されるため
詐欺業者のひどい手口を多くの方に知っていただけると思います。

実際にドラマ化出来た時は紹介いたします。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る