ブログ

事例837「通気弁からの湿気の漏れ」

今週は出張の連続。

列車移動中は騒音や電波が悪かったりして
なかなか連絡しづらい状態が多いです。

また現場へ入ると休憩を取らないことが多く
連絡が遅くなりご迷惑をおかけします。

 

■(1)今回の事例______________

「通気弁からの湿気の漏れ」
_______________________

通気弁

◆写真解説

通気弁の漏れにより湿気が充満、
天井裏がカビだらけになった。

 

◆内容説明

通気弁。配管内が負圧になると弁が開いて空気を吸込み
圧力を均等化、トラップの封水を保護する材料。

屋外だけでなく、天井裏や床下などに付けるケースもある。

今回、部品の不良で常時、弁が開放。
配管の湿気が漏れ、結露しカビが大量に発生した。

 

◆対策

普段見えない箇所にあるため、確認は難しい。
点検できる位置へ設置する

 

==============================

■(2)編集後記

一時、新築検査が少なく、欠陥検査ばかりでしたが、
来月あたりから、新築検査が増えそうです。

昔から住宅は2,3月完成が集中しやすい。
上場企業で2、3月決算であれば余計に集中します。

忙しくなると下手な職人が混ざることがありますが、
弊社が検査に入る現場は、指摘が出ないよう
上手な職人を選んでいただけると思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影