ブログ

事例838「床合板裏のカビ」

大きなミスを隠蔽。それが発覚しても謝らない。

認めると修理に大金がかかるため
裁判で損害賠償額の減額を探る。

こんな事例が3件続いています。

 

■(1)今回の事例______________

「床合板裏のカビ」
_______________________

床下のカビ

◆写真解説

1階床合板裏に生えた大量のカビ。
基礎断熱で通気、換気がなく、床下が湿気たのが原因。

 

◆内容説明

完成検査で床下に入ったところ、合板裏のカビを発見。

工事中、雨に濡れ、乾燥しないままに床を組んだためと
冬場、結露で床下が湿気たことが原因。

基礎断熱のカビ問題は非常に増えています。
床下なので気づいていない家も多くあると思います。

 

◆対策

基礎断熱にする場合は、湿気対策を計画する。

 

==============================

■(2)編集後記

高所など危険な場所での仕事があります。

その時心がけていることは安全配慮。
危険率が1%でもあれば、できる限りの安全策を取ります。

怪我をすれば仕事ができなくなるし
いろんな方に迷惑をかけます。

現場で若い方たちを見ていると
危ないと思える行動が目に付きます。
安全対策がカッコ悪いと思っている人もいるようです。

大手の会社でなければ、社員が安全研修を受ける機会は少ない。
建設業者に対し安全研修を強制化してくことも大事だと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る