ブログ

事例839「壁断熱材が薄い」

請負代金詐欺事件の書類作成をしていました。

瑕疵の内容を説明する普段と違う書類の書き方に
やや苦労しました。

 

■(1)今回の事例______________

「壁断熱材が薄い」
_______________________
壁断熱材厚さ
◆写真解説

鉄筋コンクリート造の壁の断熱材。
設計で指示された厚さは25mm。
現場を計測すると18mmしかない。

 

◆内容説明

設計仕様に対し厚さ約30%減。
断熱性能に影響が出る。
鉄筋コンクリート造の壁断熱材が薄い確率。
私の経験上では80%くらい。かなり多いです。

木造の壁は、柱の出が目安になるため
手抜きをしにくい。

鉄筋コンクリート造は、壁の凹凸がないため
厚さの目安になるものがなく、厚さをごまかされやすい。

 

◆対策

完成してから発覚すると
壁をめくらないと直らない。

断熱工事直後に厚さの確認を行う。

 

==============================

■(2)編集後記

事務所内にストレッチスペースを設けています。
ストレッチボールやストレッチポール他
簡易なマッサージ機を置いてあります。

今朝は腰が重く、15分くらい体を伸ばしました。

これと別のスペースには、筋トレ道具もあります。
今週は遠出が多かった。
明日も片道2時間半の移動。

体を傷めないよう、適度に体を動かそうと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影