ブログ

事例840「構造用合板の開口」

今日は天気が良いわりに高速道路は空いていました。
運動会シーズンだからでしょうか。

かなり早く現場に到着、予想よりも早く事務所に帰れました。

 

■(1)今回の事例______________

「構造用合板の開口」
_______________________
合板開口
◆写真解説

耐力壁、構造用合板の大きな開口(200mm角)。
大きな開口は剛性・耐力に影響する。

 

◆内容説明

構造用合板などで耐力を取る部分。
スイッチやコンセントが1ケ付く程度なら
その開口は剛性・耐力に影響しない。

2つ並ぶなどすると開口が大きくなるため注意が必要です。

構造用合板の開口基準。
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)に

「穴径は12×材厚以下かつ、面材幅÷6以下」

「穴径が50CM程度までなら四周を受け材等で
補強して釘打ちすれば可」とある。

 

◆対策

電気屋さんは悪気なく開口を開けます。
工事途中で開口が大きくなる場合は、
受け材を四周に入れるなどの指示を出す。

 

==============================

■(2)編集後記

弊社にとって検査道具は非常に重要。

高額なものを除き、他に良いものがあると
知ったときは即、買い替えしています。

性能だけでなく使い勝手がいい、軽いなども買い替え、
買い増しの条件です。
特に床下で使う道具は、何度か買い替えています。
最初の頃に比べると不便を感じなくなりました。

あとは、絶対に曇らないゴーグルがあると良いですが。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る