ブログ

事例854「本締め未施工」

午後からは電車移動。
名古屋まつりの影響もあり、栄付近は人出が多かったです。

 

■(1)今回の事例______________

「本締め未施工」
_______________________
ピンテール

◆写真解説

鉄骨造の高力ボルトのピンテールが破断していない。
本締め施工忘れ及び検査未実施だと思われる。

 

◆内容説明

鉄骨造の接合方法は、溶接とボルト。

鉄骨造のボルト施工は一次締め、マーキング、本締めの順に施工する。
トルシア形の本締めは、専用レンチを用いてピンテールが
破断するまで締め付ける。

ピンテールが残っている=締め付けNG。

ボルト締めの確認は全数検査が必要。
見落としか、検査自体を実施していないと思われる。

 

◆対策

ボルトの数が多いので、締め忘れは起きやすい。
見落とししないよう、全数チェックを行う。

 

==============================

■(2)編集後記

午後から弁護士事務所で訴訟の打ち合わせ2件。

事務所に帰ると、面識のない弁護士から
書類作成依頼の手紙が届いていた。

現在、裁判書類作成が5件もたまっています。

雑誌の原稿の締め切りも本当は昨日。
内容がやや複雑なため、今日、明日チェックしてから
提出予定です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影